英語にビビる

IMG_4160

なんて恥ずかしい発言だろう。
好きで英語圏に来たというのに。

日を重ね、目や耳にするものが慣れてくるのとは正反対に、どんどん英語にビビっている自分がいる。
なんとなく、言っている事は把握できたとしても想いを口にできないもどかしさに躓く。

昨晩、kaoruさんのルームシェアのカップル2人が一緒に映画をみないか?と誘ってくれた。
男性は日系人なのだが、2歳からLAで暮らしているため、お家の中で聞こえてくる会話は、全て英語だ。

英語を話せるのは、コミュニケーションツールの一つなんだと思うが、単語一つでもこちらの気持ちを組とってくれたとしても、気持ちには理由があって、実は細部のニュアンスを伝えたかったりする。

ある日Chicoちゃんが、良い英語の習得方法を教えてくれた。

童話の絵本を読む所から始めるという事だった。
なるほど!!と思った。
早速購入。

正直やっぱり訳が解らないけれど、なんだか楽しい気持ちになるため、続けている。

そもそも私の中の『ビビる』という気持ちになっている事を突き詰めていくと
『興味があるが間違える事を恐れて、向き合いたいけど向き合えないでいる事』
という事が言える気がする

お?これってちょっと人生とカブらないか?w

過去を思い出すと、田舎から東京に出てきた事、音楽始めた事、何かを辞めた事、好きな人に告白した事、やった事ない仕事を引き受けた事、言ってしまえばLAに一人で来た事もそう。

思い出すと『結果良かったなーー』って思う事柄決まって最初はワクワクの隣に、モンスター級の『恐れ』があった気がする。

も、もしや、、、ビビっているって実は、すっごい可能性じゃないか?

まーー。いくつになっても黒い色した動物や、生き物は、克服できそうにないけどね。w