月別アーカイブ: 2014年5月

お次は

photo 4

次のお家の入居の間に1ヶ月間が空くので、短期のお家を探す事に。
ということでビバリーヒルズへ。
2回目の上陸ですが、すれ違う人の余裕がすごい街。笑
本当にリッチな街だなぁと感じます。

photo 2

お家も人も素敵な感じで、良かったーー 
いまから入居がワクワク。
と思いながらいつもの散歩コースを歩いて帰ろうとバスに乗り、目的地で降りたら
『マリコさーん』と呼ぶ声が。

『えっ!!!!!』
日本語?しかも誰???!!ときょろきょろしていると、車の運転席から顔を出している、ちこちゃんではないか!!!!

と、驚きと爆笑が重なり、変なテンションに。

いうても、このLAという街とんでもなく広いはずなのに、こんなことってあるんですね。

そんなちこちゃんと、明日の休日はハイキングに出かけます。

10

ちこちゃんの家族『ハチ』。
こんな可愛いネコちゃん観た事ない。

11

ずっと一人暮らしをしてきて、ここに来て共同生活を体験。なんとも新鮮な生活です。
ホームスティといっても、夕食を一緒に食べるくらいでほとんんど別々な生活ですが、お家の中に人がいるという事が本当に新鮮で懐かしい感覚。
そんなホームスティも残す所あと2週間。
ちこちゃんに紹介してもらったスーザン宅。本当に居心地が良いお家です。

一緒に暮らすスイスの女の子2人と中国の女の子。

炸裂

_MG_2733

LAに来て一ヶ月が経った。
そんな先日はChicoちゃんに一ヶ月お祝いと称して、ビバリーヒルズに食事しをしに連れて行ってもらいました。

あっという間という表現だとしっくりこないくらい、めまぐるしい日々でした。
なんだか東京に居た頃がもの凄く前に感じる日があったり、日本の友達やおかんとのメールのやりとりをしていると、どこにいるのか解らなくなるくらい日本が近くに感じたり。

学校が始まると一気に生活モードに
そして生活が一気に若返る。

先日授業で『高校初めての登校の日はどんな気持ちだったか?』という質問があったのだけど、
相当前すぎて忘れたから、思わず作り話をしてしまったもの。
そりゃ忘れるって。

それはそうと、去年LAで出会ったChicoちゃんとは、嘘みたいにつながりを感じていて、家族みたいな気持ちになる人なのだけど、この一ヶ月間、彼女にものすごく助けてもらっていました。
そんな彼女は、ものすごい震える唄を歌います。
本当にすごい才能。

人生色んな事があって当たり前だけれど、これから選択していく日々にワクワクがとまりません。

なにはともあれ、変化がめまぐるしい。
授業についていけなくて、毎日宿題しては終わりが無くて、相当へこむけれど

へこむだけ、へこんだら
すっきりした。

へこむって素敵。

実はちょっとずつ変化していってるんだろうよ

毎朝6時半に起きて、7時半に家を出て、『りす』を見る。
今暮らしているお家の玄関を出ると、必ず、木には『りす』がいます。

りす、っているんだね。本当に

photo 4photo 3photo 1

感を頼りに

photo3

LAに着いて早くも2週間が経とうとしています。

毎日起きると、あっ旅行じゃないんだ。とか思っているとなんとも不思議な感じ。
言葉の壁に四苦八苦していますが、それは学べばなんとかなるものだし、なんやかんや流れのまま生きる事に。
風の匂いとか、街の看板とか聞こえてくる会話とか、やっと空気感に慣れてきたような気がしています。

セドナに行ったり、生活用品を買いに行ったり、ホームステイでの夕食、ルームメイトに誘われ飲みに行ったり、パーティーに行ったり、LAに住む友人達と会ったり、携帯電話を入手したり、ランチや散歩やハイキングなど、毎日がめまぐるしいスピードで過ぎていったような2週間でした。

まだ学校が始まっていない事もあって、旅行気分が抜けきれなかったのですが、今日みほちゃんが日本に帰ったと思ったら気持ちのうえで一気に生活モードになりました。

新しい土地での毎日は、岩手から東京に出てきた時の事も思い出します。

道の名前を覚えたり、食事のルールを覚えたり、朝の挨拶を覚えたり、、、、、
とにかく見るものすべてが新しくて、新鮮です。

さーて、新生活のスタートです。
photo2