Profile

mariko_prof2

Mariko Marleene(マリコ・マリーン)
サトウマリコ
11月24日生まれ。

2009年キーボード・ベース・ドラムのピースバンドChe-a(チェア)をBa,HALUNAと共に結成。
作詞、作曲、ヴォーカル、キーボードを担当。
2010年、3つの楽器の融合と全身全霊を共に、都内にて勢力的にライブを行い1st mini album『JIKOHSEN』(Sony Music Artistsより)を発表。
同年アーティストnicoと共にツインピアノユニットCinq 5 huit(サンクファイブユィット)を結成し、ピアノ2台と心と身体と共に表現に忠実に開放的なステージを展開する。
2011年Che-a活動休止を発表。
その後、コンピューターとピアノなどを使い数々の音楽制作を手掛ける。同年EIKOmaniac studioキーボード奏者として数々のライブに参加。
2012年銀座博品館劇場にて行われた舞台『素敵なウェディングプランナー ~幸せの香り』にて初の音楽担当。楽曲提供を行う。
同年、Che-a後期にてドラム共演を行ったYUSUKEのソロ音源『MADNESS』にてピアノ参加。
7月よりバンド女王蜂にてキーボード奏者として参加。

2013年
持って産まれた全てのものと、生きている事で変化していくもの、人間である事の歪さと、奥深くでずっと変わらないものに忠実な表現を繰り広げている。

2014年
Mariko Marleene初ライブイベントを行い、自身のステージでは、ピアノ一台と電子音と唄というシンプルなセットで世界感を表現。シシドカフカをゲストに迎えドラムと数曲セッションも行ない大成功をおさめる。同年アメリカのロサンゼルスに移住をし、拠点を移す。


Born on November 24. Singer/Songwriter/Keyboardist
In 2009, Mariko Marleene, along with bassist, HALUNA, formed Che-a, a 3-piece-band, consisting of a keyboardist, bassist, and drummer. After performing in many live shows in Tokyo, their first mini album, [JIKOHSEN], was released in 2010.
In the same year, Mariko Marleene formed an instrumental band, Cinq 5 huit, with pianist, nico.

With the double pianos, their combined sounds create unity of the mind, body, and soul of one’s musical experience.
After Che-a’s break in 2011, Mariko Marleene focused on music production projects. As a keyboardist, she performed with EIKO and for maniac studio.
Furthermore, in 2012, Mariko Marleene found her first success in composing for the theater art project, [Wedding Planner].

Along with that, she played piano in YUSUKE’s solo album, [MADNESS], and was an additional keyboardist in the band, Queen Bee.
Her resolution in years to come, Mariko Marleene hopes to continue to grow and express herself, not only through natural talent, but also through further diverse experience in her music career.